Global Communicators Association グローバルコミュニケーターズ協会

English

Book Club

【GC Book Club】池上彰・著『おとなの教養』

  • 2015年01月31日


池上彰さんの『おとなの教養』NHK出版新書を読み終えました。

これは、自分の専門分野でない「教養」の大切さを教えてくれる本です。

自分の専門分野をより極めていくのは楽しいですが、「教養」があると、人生や生活そのものがより楽しく深いものになると思える本でした。

自分は理系だ!文系だ!という前に、大人としての基礎をしっかりしておきましょうね、と教えてくれる本です。(私は、もう遅いかも…)

(from Sanae)

おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書 431)

参考:出版社のコメント より

かつてヨーロッパでは、教養人が身につけておくべき「自由七科(リベラルアーツ)」という科目がありました。池上彰さんが選んだ現代日本人が学ぶべき「自由七科」とは、
(1)「宗教」
(2)「宇宙」
(3)「人類の旅路」
(4)「人間と病気」
(5)「経済学」
(6)「歴史」
(7)「日本と日本人」。
この七科を貫くのは、「自分がどういう存在なのか」を考えようとする問題意識です。

【GC Book Club】~本好きメンバーが、Global Communicatorのための一冊をおすすめ!

私からのおすすめです

英語講師、英語学習アドバイザー。個人で英語教室を運営して20年以上が経ちます。「どうしてそんなに勉強するの!?」と言われたりしますが、英語を読まない・聞かないでいると、英語が出てこなくなるような気がするのです。